2005年03月29日

癒しの風


癒しの風

 今から10年以上も前、ニューエイジ系のセミナーに入り浸っていたことがあった。いくつも受けたセミナーの中には「レイキ」のものも含まれていた。それこそ結構お金もかかったが、とりあえずマスターまで受講し終えた。後、人に教えたのは数名くらいだったか。

 今日、帰りに立ち寄った本屋で本書をみつけた。レイキにお金と時間をかけた人にとってはこの本はショッキングだろう。なにせ秘伝のシンボルとマントラが書かれている。しかも本の中ではそれらは「大して」意味がないとまで談じられているのだから。

 まだ全部読み終えていないが、でもこの本の中で述べられている多くのことについて共感することができる。とりわけ「人は楽しむために肉体を持ってこの星に来ただけなのです」の言には大共感(?)である。同じような考えを持って少しだけ生き方が楽になった。思いつめないでいられる自分がいる。

 それでもなお、レイキはすばらしいと思う。レイキは見えない世界の高みに登っていくための定石書みたいなものだ。将棋や囲碁のような。最初はわけもわからず後をたどるが、途中ではたと気づくみたいに。

 何の目的も見えないのなら、無理して見えない世界に首を突っ込むことはない。人は楽しむために生まれてきたのだから。だが、一度興味を持ったら覗いて見るのもいいかもしれない。積極的に勧めることはしないけれど。

m_tomei0208 at 21:08│Comments(0)TrackBack(0)clip!精神世界 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔