2005年12月

2005年12月10日

WindowsXP on Linux

9a5c1418.jpgここのところ、忙しかったりして精神的な余裕があまりなったせいか、すっかり更新が御無沙汰になってしまった。(^_^;

今日、散歩に出た折に「OSMオープンソースマガジン」にVMwarePlayerの記事が載ってて、無料で利用できるらしかったので、使用しているパソコンに導入してみた。今はメインでLinuxを使用しているので、導入したのはWindowsXPだ。VMwareはPC上に仮想のPCを構築してしまうソフトである。
画像はLinux上で動くXPの起動画面。ちゃんとインターネットにも接続できるし、WindowsUpdateも可能である。速度は遅いけど、めちゃめちゃ遅いというわけでもない。

手順としては雑誌にあるとおりなのだが、まずLinux上にQEMUをインストールして、VMWare用のディスクファイルを作成する。そのあとにVMWare用の設定ファイルを作成して、それからVMWarePlayerを起動するといった具合だ。CDを認識させておくと、普通のPCのようにWindowsCDからブートするので、あとは普通にインストールする。

結構あっさりできてしまったので、かえって拍子抜け。こんな調子で他のOSなんかもインストールしてみるのも面白いかな。


m_tomei0208 at 22:21|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!PC