2006年08月

2006年08月29日

十二運について

久しぶりに暑かった東京です。季節は秋でも残暑は厳しいですね。

さて、市販の四柱推命の本で説明のある中で、これまで触れてなかったのが十二運です。(あと神殺もか)これはある五行の強さを12種類に分類したものですが、市販本の中ではこの説明で多くのページを割いているものがあって、これだけで占う方法も存在しているようです。その一方で専門書になっていくと反比例するかのように説明が少なくなっていくようで、彼の地(台湾・香港)の本でこれの説明に多くを割いているものはそんなに見かけたことはありません(ないわけではありません)じゃあ、不要なものなのかというとさにあらず。本場でも秘伝的な内容ではバンバン登場してきます。ただ日本の書籍のような形ではありませんが。

十二運は次のように表されます。

長生、沐浴、冠帯、建禄(臨官)、帝旺、衰、病、死、墓、絶、胎、養

絶が最弱、帝旺が最強という感じでしょうか。例として甲乙の場合を並べてみると、
(並び順は上の順番です)

亥、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌

となります。亥が長生、卯が帝旺、墓が未、絶が申です。木行ですから春に最も強くなって秋に最弱となります。ちなみに土は火と同じ順番になります。

辛 戊 庚 丙
酉 戌 寅 午
   (甲)

この命式では日干からみて午は帝旺、寅は長生、戌は墓、酉は胎です。また午は丙にとっては帝旺、寅は庚からは絶、戌は戊から墓、辛は酉からは帝旺です。これはそれぞれの柱の干の強さを見る目安になります。つまり、月干と時干はそれぞれ金行ですが、柱のレベルでは月干より時干のほうが強いことになります。月干の庚は弱いですから年干の丙の剋に対する耐性はさほど強くないといえ、結果ほとんど命式中では作用しない感じです。

この十二運を占いに使うときの象意については市販本に譲り、ここでは説明しません(というか私はほとんど使わないので知りません・汗)。では何故ここで取り上げたかというと、蔵干と合の説明するのにこの話をしたほうが説明がしやすいからです。

ということで次回は蔵干と合についての説明です。期待しないで待っていてください(笑) それではまた。







m_tomei0208 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!占い 

2006年08月28日

命式の強弱(その3)

前回の続きである。

春:寅、卯、(辰)
夏:巳、午、(未)
秋:申、酉、(戌)
冬:亥、子、(丑)

この表の()について。これは例えば辰は春に含まれるのだが、一部そうではないところがある。未も夏に含まれるのだが、そうではないところがある。以下同様である。また、この表はこう書き加えることができる。

春(木):寅、卯、(辰)
夏(火):巳、午、(未)
秋(金):申、酉、(戌)
冬(水):亥、子、(丑)

ところが、前回書いた十二支の五行配分では辰、未、戌、丑は「土」なのである。ここに括弧にした理由がある。つまり季節配分において土の十二支は複数の意味があるのである。これを世間では「土用(どよう)」と呼んでいる。土用の丑の土用である。土の十二支はある時期までその基になる季節に属し(辰なら基の季節は春、未なら夏である)、ある時期を過ぎると「土用」の時期に入る。土用の季節配分は勿論「土」になる。

このことは命式の力量を計る際に注意が必要になる。辰月、未月、戌月、丑月においては日にちによって旺ずる五行が変わることになるからである。まあ、この辺はソフトで自動的に命式を出している場合はあまり意識しないかもしれないが、命式だけしか出ていないような場合は、それはどちらに属するかを確認する必要がある。多くの場合は命式には月支蔵干が書かれているから、それでアタリをつけることはできるけれども。

あともうひとつの括弧の話。

辛 戊 庚 丙
酉 戌 寅 午
   (甲)

この命式は今まで紹介した方法でやると「身弱」になるのだが、実は身旺なんだよという話。なんでそういうことになるかというと、これは十干十二支の並びで命式上の季節が変わることがあるからですが、詳細については他にも説明しないといけないのでまた次の機会ということにしましょう。

で、このようにして求まる「身旺」と「身弱」ですが、一体これにどういった意味があるのか。勿論、これを基にどの五行が喜でどれが忌という四柱推命ではもっとも大事な部分が求まるわけですが、それだけの意味なのか。

また、占いをやってるとたまに「身旺と身弱どっちがいいんですか」とか訊かれることもある。身旺だと財星きたときに喜運だし、官星も然りで往々にして身旺が尊ばれることが多いわけですが、実はこの2つには善悪はない。

基本に立ち返れば身旺の命式は「食傷、財、官」などがいい星、身弱は「印、比」がいい星である。これは表現を変えれば「身旺はアウトプットが大事」、「身弱はインプットが大事」ということである。さらに表現を変えて、今巷で流行のスピリチュアルな表現を使えば「身旺は与えることが大事」、「身弱は受け入れることが大事」ということになろうか。

占い向きにいえば身弱の人は与え慣れているが、受け取ることに慣れていない。身旺の人は受け取ることは慣れているが、与えることに慣れていない。この辺にも解釈&開運のヒントがあると思うのだが、どうだろうか。

今回はとりあえずこれで終わりである。次回の題目は... 未定である。(笑)







m_tomei0208 at 22:55|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!占い 

2006年08月26日

命式の強弱(その2)

ちょっと前まで占いのことを書くのにすごい抵抗があった。自分のようなものが偉そうなことを書いていいのだろうかとか、子平(四柱推命)の懐の深さに圧倒されていた時期があった。転機といえば、前にも書いた友人の死、だろうか。結局何かの役に立たなければどんなに知識があっても意味はないのだ。

----

命式の強弱を計るには3つの要素がある。1つは月令、1つは地支の強さ、1つは天干の強さである。これは現代台湾(香港)子平でも中心となる考え方である。

まず月令であるが、これは日干が季節に旺じているか、ということである。旺じている、とは、日干の五行が季節と同じであるかまたは生じられている状態をいう。例えば、

乙 壬 乙 甲
巳 午 亥 午
   (壬)

この命式の場合、日干「壬」と月令「亥(壬)」は同じであり、月令は旺じている。
また、

丙 癸 辛 癸
辰 亥 酉 亥
   (辛)

この命式の場合、日干「癸」は月令「酉(辛)」から生じられているので同じく旺じている、とみる。これらとは逆に月令から剋されていたり、洩らしているような関係の場合は失令している(または休囚している)とみる。

その1と同じ感じで、五行と季節の関係を書くと次のようになる。季節は地支(月支)のみについて論じる関係であり、天干は関係ない。

春:寅、卯、(辰)
夏:巳、午、(未)
秋:申、酉、(戌)
冬:亥、子、(丑)

本によってはこの月令の強さを非常に重視しており、月令が旺じていれば無条件に身旺に扱うものも散見される。だが実際には他との関係も重要であり、月令が旺じていても最終的に身弱になることもあり得る。

2つめの地支の強さだが、これは今までやってきた五行の強さの関係を地支の関係だけでみるのである。同様に3つめは日干を除いた天干だけの関係をみるのである。

で、判断方法としてはこの3つの条件で強弱を出して多い方を採択するのである。つまり日干を強めるほうが多ければ身旺だし、弱めるほうが多ければ身弱である。上の命式でいうと、最初の命式は身弱、2つめの命式は身旺である。また、その1の命式も
身弱である。(本当は違うんだけどね・汗)

今回はこれまで。次は季節の表の括弧の説明をしないとね。あと最後の括弧とね。







m_tomei0208 at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!占い 

命式の強弱(その1)

曇り空の東京である。

今回は好評(?)だった前回(異性運の占い方)を受けて、命式の強弱について書いてみたいと思う。

命式の強弱というのは、四柱推命の本でよく見る「身強(身旺)、中和、身弱」というあれである。四柱推命ではとても大事な要素であるが、案外さらっと流されていて普通の本を読んでいてもよくわからないことが多い。また実際、最初の大きな壁(しかも結構厄介ときてる)のひとつでもある。

ここでは例によって私見である、と断った上でつらつらと書いていく。

まず、身旺、身弱の「身」は何かというとこれは前回もちらっと書いたが、自分自身、つまり日干のことである。日干というのは例えば、

辛 戊 庚 丙
酉 戌 寅 午
   (甲)

この命式でいうと「戊」の位置が日干でこれが自分自身を表すというのが四柱推命のお約束である。前回はここからさらに「通変星」を割り当てて通変星を大きく2タイプに分けて、身旺、身弱を出していったわけである。そのときに「多少のブレがある」旨を書いたと思う。

というのは、命式の強弱は本来、五行の強弱を基に求めるのが一般的だからである(全ての流派がそうだとは限らないが)。上の命式でいうと戊が命式全体からみて、強いのか弱いのかを判断することが即ち命式の強弱判断というわけである。

前回から一歩進んで五行を基にこの命式を出してみよう。といってもやることは前回と同じで、分類を通変星から五行に変えるだけである。

まず、作業の前に十干、十二支の五行分類は次のようになる(細かいところは最初は抜きにしてざっくりといく)

木:甲、乙、寅、卯
火:丙、丁、巳、午
水:壬、癸、亥、子
金:庚、辛、申、酉
土、戊、己、辰、未、戌、丑

上の命式の日干「戊」で土にあたる。したがって、

日干を強めるもの(火、土)  :丙、戌、午
日干を弱めるもの(木、金、水):庚、辛、酉、寅

となる。したがってこれまでの知識を総合するとこの命式は「身弱」である。

-----

しかしながら、この方法は命式の強弱を出す本来のやりかたではない(一部ではあるが)。長くなったので今回はここまでにして次は本来の方法について説明することにする。

ではでは、ひとまず。






m_tomei0208 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!占い 

2006年08月25日

夏休み

おいでよ どうぶつの森


なんとかやりくりして、今日だけとりあえず夏休み。まあ、頑張ればまだ取れるだろうが、連続は無理っぽいなぁ。

ネット友達のTさんからネットアダプター買ったからやろうよ、とメールがきて久しぶりに電源を入れた「どうぶつの森」。花はきれいになくなっていて雑草が茫々。家に戻れば部屋の中をゴキブリが運動会をしている有様だったが、とりあえず設定してお互いの村を訪問した。

仕組みが分かればつながって当たり前の世界なのだが、小さなゲーム機の中でチャットができたりすると、重いノートパソコンを担いで通信もままならなかった頃から比べると隔世の感がある。昨日はわずかな時間だったけど、それなりに面白かった。

おかげで明日はたぬきちの店は改装で休み。いよいよデパートになる!(喜)

ゆうべはその後爆睡。目が覚めたらもう窓の外は白みかけていた。明け方(というかもう朝だな)は大雨。今は晴れ間が出ているけど。今日はのんびり疲れをとる予定。でも貧乏性だから散歩には行くかな。




m_tomei0208 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

2006年08月22日

真夏の夜の夢



アセンションの時代―迷走する地球人へのプレアデスの智慧


ことばを尽くしても伝わらないものは伝わらない。話すにしろ、文章を綴るにしろ、これほど空しいことはない。ことばを尽くすよりも、沈黙をもってしたほうがよく伝わることもあるのも、また現実。

辛 戊 庚 乙
酉 申 辰 巳
   (戊)

06-15 己卯
16-25 戊寅
26-35 丁丑
36-45 丙子

この命式は今年の初め、向こうの世界に旅立っていった友人のものである。いろんな解釈はあるだろうが、私からみれば彼は精一杯の自己表現をみせて、この世界を後にしたのである。

混迷の時代である。これまでに起こらなかったこと、あり得ないこと、考えられなかったことが凄まじい速度で駆け抜けていく。地球の温暖化、環境問題も取り沙汰されるが、本当に問題はそれなのか。外の世界を変えようとして、本当に全てが変わっていくのか。変わると思っている人たちの誰かに問うてみたい、今日この頃。


m_tomei0208 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!精神世界 

2006年08月20日

IntelMacで麻雀!

669fd8e1.png対人戦の麻雀はほとんどやったことがないが(記憶にある最後の対戦は、新卒で入社した際に行った新人研修先で同期同士でやった徹夜麻雀だ)、コンピュータ麻雀は好きで折りを見てはちょこちょこやっている。決め打ちが多くてそんなに強い訳ではないが、ぼろ負けすることもなく、まあ時間つぶしくらいにはなっている。

Macでふと麻雀がやりたくなってネットで検索してみたものの、案外ないもので驚いた。世の中Windows全盛だから仕方がないが、BootCampやParallelsといったWindowsとの併用もできるアイテムも出てきたことだし、Appleさんにも頑張って欲しいものである。

で、この絵の「Simple!Jang」はIntelMac用ではないが、ロゼッタでちゃんと動く。いかさまなしでやってみたが、私ごときではなかなか勝てないのが悔しい(笑)時間つぶしにはもってこいだが。

全然関係ないが、このブログへの投稿をWEB上でなくて、オフラインで投稿できるようにいろいろソフトを探しているのだが、どうもいい奴がない。「ecto」というソフトは画像のアップが駄目みたいだし、「MacJournal」はソフトはよさげだが、ここを参考に設定してみるのだが、どうも駄目みたいである。できればソフト自体は気に入っているのですぐにもレジストしようと思っているのだが.....



m_tomei0208 at 12:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!PC 

2006年08月15日

バーコードリーダー

エフケイシステム CCDバーコードリーダーZ-3080 USB接続 Z-3080


お盆だというのに、真面目に仕事である。
で、成り行きでこんなバーコードリーダーを買ってしまった。会社の費用で買えばいいものだが、使い物になるかわからないうちに申請するのは何かと面倒である。試して駄目なら家に溢れている蔵書管理のデータベース用に使おうと思った次第である。探せばもっと安いものもあるのだけど、仕事の関係でEAN128に対応している奴が欲しかったのである。頭の上はすっかりもうバーコードになっているが、これで思考もバーコード化されてしまった(笑)まあ、これで少し仕事が楽になると思えば安いものである。

これで思った通りに事が運べば.....カモン!夏休み!!w


m_tomei0208 at 22:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!PC 

2006年08月08日

つれづれに、ゲーム(^^;)

「実況パワフルプロ野球ポータブル」で遊んでます。
ただいま、交流戦の半ばで、楽天、首位(笑)

さて、寝るかな。


m_tomei0208 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談