2006年10月

2006年10月22日

お知らせ

えー、日頃アクセスしていただいている、マニアな皆様、いつもどうもありがとうございます。m(_ _)m

今回、非常に個人的な理由(ただの気まぐれという話もあるが)により、ブログを次の場所に移転することにいたしました。また、今年の春くらいから試験的にさせていただいていた「無料鑑定掲示板」は本日を持ちまして終了させていただくことにしました。短い間ですがどうもありがとうございました。m(_ _)m

新URL とーめいの不透明な話

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。では、新ブログでお会いしましょう(^^)/~~~


m_tomei0208 at 20:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年10月18日

横浜を放浪する・2

横浜2


「港の見える丘公園」からナビを頼りにぶらぶら歩く。

最終的に到達したのはランドマークタワーの最上階の展望台。海はきれいに見えるが、陸側のほうはガスっている。今はカフェで休憩中。携帯の電池が減ってきたのでナビはここまでかな。平日ということで、ここにいるのは夫婦づれ、学生、サラリーマン。

展望台で占いコーナー発見。コンピュータ占いで1500円とるのか?(^_^;)

m_tomei0208 at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

横浜を放浪する

横浜1

今日は午後さぼって横浜まで来ています。写真は「港の見える丘公園」の展望台からの眺望。会社から電車を乗り継いで中華街まで。まずはそこで昼食。

食べた場所は「大三元酒家」というところで、ここは黄金週間も行ったところ。ここで回鍋肉定食と焼売と杏仁豆腐のセット、840円なり。ご飯は旅館で出てきそうなお櫃での登場。私はご飯がないとおかずが食べれない人なのでこれはうれしい。そのあとここまでやってきた。

平日なので、カップルも少ない。さてこれからどこへ行くか。


m_tomei0208 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

2006年10月17日

GPSで散歩

最近、すっかり占いネタがご無沙汰だけど、そういう気になかなかならないもんだから、許してちょんまげ(ふる)


"I-O DATA CFGPS2 アンテナ内蔵コンパクトフラッシュ型GPSレシーバー" (アイ・オー・データ)

ここんとこ、ちょこちょこGPS(ナビウォーク)を使って散歩なんかしていたのだけど、どの経路を歩いたのか記録が採りたくて上のGPSカードを買ってしまいました。アウトドア用のネットアクセスマシーンだったZAURUSのカードスロットにぶち込んでロギングに使うつもり。

ちょっと設定に手こずったけど、いろいろHPなどを検索しながら設定。衛星の捕捉までは確認できました。室内なのでこれ以上の確認は無理で明日の会社帰りにでも実験してみようと思う。うまくいったらGoogleEarthか何かで軌跡をトレースしてみたい。

それでなにかいいことあるの? とか言われそうだが、自分は興味に任せて動くタイプだからいいんです。自分らしいというところですかね。


m_tomei0208 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!PC 

2006年10月10日

ナビウォークを使ってみる・2

昨日の反省を踏まえて、今日は職場から国立競技場(駅)を目指した。距離は昨日とほとんど同じで5キロ弱といったところ。

昨日と違ったのは都心を歩いてるせいか、しばしばナビが場所を見失うところ。コースでいうと東京タワー近辺から六本木−青山一丁目を経由する形。道路的には外苑東通りをひたすら歩く形になった。ナビがあてにならなかったのは主に六本木周辺。青山一丁目を過ぎたところではだいぶ安定してきたけど、神宮外苑が近づいて木が鬱蒼としてきたあたりでまた不安定になる。でも、コースから外れるとナビが教えてくれるのは親切なところである。

バイブレーションを切ったら、国立競技場(駅)に着いたあとでもバッテリーの目盛りはフルゲージのまま。残念だったのは疲れた足を休めるようなカフェなり喫茶店とかがなかったところ。仕方がないので駅の自販機でジュースを買って喉を潤し、そのまま帰路に。今度はここ(国立競技場)を起点にまた歩いてみようか。そのうち自宅まで帰り着けるかな。


m_tomei0208 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

2006年10月09日

ナビウォークを使ってみる

というわけで、ナビウォークを使って散歩してみた。土地勘のある場所はつまらないので、馴染みのない自宅より方角北の方に目的地を設定する。横文字名前のカフェだが、一度も行ったことはない。距離は4kmほど。ゆっくり歩いて1時間くらいの行程である。

外はいい天気で少し暑いくらい。携帯の画面を見ながら歩き始める。が、陽射のせいで見にくいのなんの。まあ、夜な夜な歩くにはいいのかもしれない。

時々重要な場所に差し掛かるとバイブで教えてくれるみたいだが、電池の消耗が早くなるので切った方が良さそうだ。それよりもなによりも。ちょうど中間地点に来た時だった。携帯画面にメッセージ。「見失いました」ぉーぃ(-_-;)

幸いその場所から再び出発できるからいいようなものの、そうでなかったら「そして僕は途方に暮れる〜♪」なんだかんだで1時間あまりで無事目的地に到着〜(^^) カフェは休みだったが(-_-;)

んで、今はとある喫茶店からカキコ。さてどうやって帰るべか。

(追記)

その後電池が切れて、帰りはナビが使えませんでしたとさ。(^_^;)


m_tomei0208 at 15:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!雑談 

2006年10月08日

フィッシャーを捜して?


"Google Maps Hacks -地図検索サービス徹底活用テクニック-" (Rich Gibson, Schuyler Erle)

運動不足気味なのでできれば歩くようにしているのだが、この夏は暑くてついついさぼり気味だった。下手に歩いて熱射病になっても敵わないしね。でもようやく涼しくなってきたので再開しようと思う今日この頃。でもただ歩いているだけじゃ飽きてしまう。

会社のあたり(東京タワーのあたりだ)はあまり土地勘がないので、あまり周囲をうろうろすることはなかったのだが、それでも歩くと発見があったりする。ただ惜しむらくは歩くのはだいたい夕方なので自分がどういうところを歩いているか暗くなるとほとんどわからなくなってしまうことだ。最近になって(でもないか)Google Mapsを発見してルート決定にちょこちょこと使わせてもらったりしている。昼休みに会社のPCでちょこっとチェックできるのがいい。

ついでに迷子にならないようにGPSとかもあるといいんだよなー、とか思ってたけど、使っている携帯がGPS内蔵なのに改めて気づいた(汗)。でもどこ歩いたとか記録採れないんだよなぁ。とれたらGoogle Maps やGoogle Earthにマッピングして遊べるのにー。

ハンディGPSを検索すると結構な値段だ。携帯にログ機能があれば申し分ないんだけどなぁ、とか思うのだけど、これはこれで注目スポット情報とかナビゲーション機能とかあって使えば便利なのかもしれない。明日あたりどっか行くのに使ってみるかなぁ。って興味に任せるままに動くのは相変わらずだ。もっと現実的な部分に興味持てとか言われそうだな(笑)


m_tomei0208 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!PC 

2006年10月07日

ブログツール、再び

いつも購読している「mac-de-cocolog」さんの記事でectoがインテルマックに対応したということなので早速ダウンロード。今はそのecto で記事を書いている。うまく投稿できてたらOKということだ。

画像のアップロードがぁ、ってのもあるのだけど、他にLivedoorブログに対応したマック用のソフトもないしー。1回アップロードして画像へのリンク貼ればいいもかもだけど、ちょっとめんどくさい。

ちなみにMacJournalはここでは無理だったけど、gooブログでは使えました。まだ投稿のテストはしていないけど、記事の取得はOK.。でもちょっと違和感。やっぱブログ専用じゃないせいかも。


m_tomei0208 at 20:06|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!

2006年10月06日

人生の探求

人生の探求


今は恥ずかしくて大きな声で言えないけれど、一頃、「何を生き甲斐に生きているのか」と訊かれてこう答えた記憶がある。大きな声で言えないだけで、今も本質的には変わっていない。精神世界にのめり込んだり、占いに血道を上げているのも極言すればまさにこのため、だからである。占いして相手のことをばしばし当てるのも快感ではあるけれど、そのあとに一抹のむなしさ、寂しさを覚えるのも事実で、それだけじゃあないんである。ふわふわしていながら、妙に突っ張っていた20代、その年齢を過ぎた30代というのは「地に足をつける」ということを学んでいたような気がする。

上に紹介した本を読んだとき、そんな私の気持ちを見事に代弁しているように思ったものだ。内容的には数秘術と直感とシンクロニシティな内容である。数字を使って人生のサイクルを知るという手法はなかなかもって新鮮である。この本に沿って自分をみると今年は仕上げの年。来年は新たなことが始まる年なんだそうである。著者は外国人だが、外国人の書く精神世界系の本は爽快なまでにポジティブなのがいいと思う。自分も含めてとかく日本人の紡ぎ出す「ことば」は人生の重みの全てを背負っているような感じになってしまうから。

外はまだ雨が降っているが、たまには読書三昧な休日も悪くないかも。


m_tomei0208 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!精神世界 

2006年10月01日

ディープインパクト

今更いうまでもなく、もう少しで日本の競走馬「ディープインパクト」がフランスのロンシャン競馬場で行われる「凱旋門賞」
に出走します。そこで、このレースでディープインパクトが勝てるかということで断易で占ってみました。


丙戌年 丁酉月 癸亥日 空亡 子丑

兄○卯    (世)
孫○巳
財●未
官○酉→丑 (応)
父○亥
財●丑→巳

応爻用神で見ていきますが、用神は月令に応じていて日辰に漏らしています。また、用神は回頭生になっており、
また原神も回頭生で強いです。

一方、忌神は休囚して弱く、仇神もまた同様です。これをみる限りは今回のレースはかなり期待してもいいんではないでしょうか。
ちょっと心配な点があるとすれば原神が空亡、用神の伏神もまた空亡しているところでしょうか。でも忌神が弱いのでどうでしょうか。


さて、どうなりますことやら。ではでは。



m_tomei0208 at 23:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!占い