2006年07月20日

男の性(さが)なのか?

極楽とんぼは極楽に?


昼間は仕事なのでテレビ関係でどのように伝えているのかはわからないけれど、たぶんいろいろ取り上げられているんだろう、というのは想像がつく。とりわけこの問題が萩本欽一さんの主催する球団の存続問題にまて及ぶとなるとなおさらだろう。

別に追随するわけではないけれど、こういう形でしか関われないのでいつものように行く。話題の人の命式は書くと次のようになる。

○ 癸 甲 戊
○ 亥 寅 申
   (甲)

04-13 乙卯
14-23 丙辰
24-33 丁巳
34-43 戊午
44-53 己未

身弱の命式で年支の申金を用神としたいところだが、月支の寅に沖されて傷ついている。20代の後半から南方火運に入り財星運になるところから、女性には縁があるとは思うけれども、忌神運なのでトラブルが多いことと思う。大運(戊午)、年運(丙戌)と火(財星)の重なる時期であり、今回のようなことが起こっても不思議なことではないのかもしれない。傷官見官の形であり、もうちょっと違う並びであったら、年長の人に好かれてまた違った人生を歩んでいたかもしれない。

ちょっと競争を勝ち抜いて、とかそういうタイプには見えないのでそれでも結構周りに支えられてきた男だったのだろうと思う。




m_tomei0208 at 21:48│Comments(4)TrackBack(0)clip!占い 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒姫   2006年07月21日 00:26
数年前からなんか様子がおかしかったんですよね。
相方は結婚してからどんどん出世しましたし。
コンビでここまではっきり分かれるとは不思議なものです。
2. Posted by m_tomei0208   2006年07月21日 22:09
相性、というのもあるのでしょうね。男女関係だけでなく、同性においても組み合わせの妙、というのもありそうです。漫才でいえば、やすきよなんかは性格的には好対照の2人でしたが、その組み合わせは絶妙でしたよね。
3. Posted by でめてる   2006年07月23日 23:02
某球団での欽ちゃん会見とか、色んな記事を見たところでは
後輩の面倒見が良い感じの人でもあったようですね。
吉本の切り方も電光石火でビックリでした。

4. Posted by m_tomei0208   2006年07月24日 22:06
でめてるさん、こんにちは。

昔ならこういうのは芸の肥やしと言われたんでしょうけど、時代は変わりましたね〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔