2006年07月22日

異性運の占い方

今回は趣向を変えて、四柱推命における異性運の見方を少しだけ紹介したい。
詳細に書くとそれこそ1冊の本になってしまうので、「さわり」の部分になるけれども。参考にしていただければ幸いである。

四柱推命では生年月日時に基づいて「命式」というものを算出する。年、月、日、時について各々1つずつ干支が付くので、合計4つの干支ができる。これを以て「四柱」推命というわけである。

丙 庚 壬 乙
戌 子 午 巳
   (丁)

これはある本から抜粋した四柱推命の命式の例である。占いサイトで命式を作ったことのある人なら似たようなものをみたことがあるのではないかと思う。

占う際に中心となるのは、日干である。日干は自分自身であり、上の命式では「庚」がこれに該当する。この庚と他の干支との関係を別の表現で表したのが「変通星」といわれるものである。

詳細な説明は書籍に譲るけれども、この変通星で異性運に関係するのは「財星(正財・偏財)」と「官星(正官・偏官)」である。詳しくは男性は財星、女性は官星である。上の命式でいえば乙は財星(正財)、丙は官星(偏官)である。また、午や巳なども官星を帯びている十二支といえる。

異性運の有無はこの財星や官星の有無にまず着目するのが第一歩である。すなわち命式の中にこれらの変通星のある人は(善悪は別にして)異性運のある人、ない人は異性運のない人(もしくは薄い人)といえるだろう。勿論、これだけですべてを語れるわけではなくて、あればじゃあすべていいのかというとそうでもなくて、なければじゃあ全く縁がないかというとそういうわけでもない。まず命式だけでは時の流れが要素として全くないし、出会いがあるにしても他との絡みでそれがうまくいったり、いかなかったりするからである。

ともあれ、最初の着眼点としてはこんな感じである。ちなみに筆者は財星は全くなく、そのせいか未だに独身だったりする(笑)

気が向いたらまた続きを書きたいと思います。ではでは。

m_tomei0208 at 13:44│Comments(6)TrackBack(0)clip!占い 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒姫   2006年07月23日 02:58
いつもお世話になっております。
財星と官星があるかないかを見るのから始まるんですね。
正財だと本妻をもち偏財を持つと愛人をもつのでしょうか。
または偏財しかないと内縁状態とかになるのかしら・・・。
第二段も期待してます^^
2. Posted by m_tomei0208   2006年07月23日 14:36
早速、第2弾をアップしてみました。
3. Posted by まりあ   2006年07月23日 20:11
とーめいさん、お久しぶりです
たまに、お邪魔して密かに拝見してます。w

異性運が男性=財星、女性=官星ってのは納得です。
これは時柱にあっても、もちろん言えますよね?
時柱って、本人以外解らない事が多いと思うのですが
3柱に無くて時柱を推定する場合、何か財星を持っているか
いないかの特徴ってありますでしょうか?
とはいえ、現在大運で財が来てる場合もあるし・・・。
あ〜難しい質問でしたね?  
すんませんでした!

また、時々おじゃまして読ませていただきますね。^^
4. Posted by まりあ   2006年07月23日 20:24
がーん・・・コメント書いたのに投稿されてませんでした。


とーめいさんが書かれていることは納得です(^^)
3柱で星が無い場合、時柱を推測することになると思いますが男性の財があるかないかは、何か性格上特徴が現れてくるものなのでしょうか?
もしあれば、教えてくださいな
な、なに?! 秘伝だと?!
そう言わずに〜〜
5. Posted by まりあ   2006年07月23日 20:26
あ、あれ〜〜〜〜〜
投稿されてました。
出来たら、これと、一つ前のやつ削除してください。
お手数かけますが、すみません
6. Posted by m_tomei0208   2006年07月24日 22:08
まりあさん、こんにちは。読んでてくれたんですね。
なんとなく雰囲気が面白いので残しておきます(笑)

あと、黒姫さん共々先走りしすぎないでください。プレッシャーになりますのでー(^^;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔