2006年07月23日

異性運の占い方・2

前回の続きである。

前の記事で財星や官星がなくても異性運が悪い(あるいは薄い)とは必ずしも言えない、と書いた。それはなぜかというと、命式の中になくても大運とか年運という流れの中でこれらが巡れば、命式にあるのと同様に出会いの時期となる場合があるからである。先の、

丙 庚 壬 乙
戌 子 午 巳
   (丁)

の命式の大運を出してみる。まずは男の場合(同じ命式でも男女では大運が違うので注意!)

03-12 辛巳
13-22 庚辰
23-32 己卯
33-42 戊寅
43-52 丁丑

続いて女性の場合。

07-16 癸未
17-26 甲申
27-36 乙酉
37-46 丙戌
47-56 丁亥

この命式の場合、男女ともそれぞれ財星、官星ともにあるので異性運が薄いわけではないのだが、もしないものと仮定した場合には、上の大運の財星、官星の時期が出会いの時期になるというわけである。この場合だと男性は13歳から42歳の時期がそれにあたるが、女性の場合は37歳から50歳くらいまでの間だろうか。このように人によって時期は異なるが、命式によってはこうして大運によって異性の星が巡る場合があるので、命式に星がなくてもすぐ悲観する必要はない。ただ大運に巡らない場合はチャンスはがくんと減る。それでも年運というサイクルまでチェックすれば必ず星の巡る時期はあるから、チャンスは皆無ではない。でもある人と比較してチャンスが減るということは否めない。

ただ、今一度注意を喚起しておきたいのは、ここでいっているのは「出会いの機会が増える」ということであって、それが即「幸せな結婚」に結びつくかはまた別の問題である。本によっては財星、官星の巡る時期が結婚の時期であるみたいに書かれているものがあるが、これは半分は嘘で、巡らないほうがいい場合もあるのである。例えば次の命式、

○ 癸 甲 戊
○ 亥 寅 申
   (甲)

04-13 乙卯
14-23 丙辰
24-33 丁巳
34-43 戊午
44-53 己未

これは最近話題になった某お笑い芸人のものであるが、彼の命式は今まさに財星の時期を迎えており、本のいうことが真実ならば結婚する時期を迎えているのである。だが実際はトラブルとなっているわけで、女性が絡んでいるとはいえ、この落差を説明するにはどうすればいいのか。....実は四柱推命はその落差を見事に語っているのである。

さて、その落差であるが....これについてはまた次回である(笑)
ではでは。



m_tomei0208 at 13:54│Comments(4)TrackBack(0)clip!占い 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まりあ   2006年07月23日 20:17
とーめいさんの解説はいつも解りやすいですねぇ。

>さて、その落差であるが....これについてはまた次回である(笑)
ではでは。
笑わないで〜早く教えてくださいな
2. Posted by 黒姫   2006年07月23日 21:38
まりあさん こんばんは。

説明分かりやすいですね。←同感です。

とーめいさん

早く教えてください。笑
3. Posted by すもも   2006年07月24日 15:58
皆さん、今日は。
私は四柱推命は全然判らないのですが・・・それでも、ふんふん、と身を乗り出して読んでいます。とても面白く、わかり易いです^^

一刻も早く、続きが読みたいです、とーめいさん。

では、失礼します。
4. Posted by m_tomei0208   2006年07月24日 22:09
皆様、コメント&プレッシャーありがとうございます。
読んでくれている方もいるんだな、と思って少しほっとしております。マイペースで進めていきますので、よろしくですm(_ _)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔