2006年08月26日

命式の強弱(その1)

曇り空の東京である。

今回は好評(?)だった前回(異性運の占い方)を受けて、命式の強弱について書いてみたいと思う。

命式の強弱というのは、四柱推命の本でよく見る「身強(身旺)、中和、身弱」というあれである。四柱推命ではとても大事な要素であるが、案外さらっと流されていて普通の本を読んでいてもよくわからないことが多い。また実際、最初の大きな壁(しかも結構厄介ときてる)のひとつでもある。

ここでは例によって私見である、と断った上でつらつらと書いていく。

まず、身旺、身弱の「身」は何かというとこれは前回もちらっと書いたが、自分自身、つまり日干のことである。日干というのは例えば、

辛 戊 庚 丙
酉 戌 寅 午
   (甲)

この命式でいうと「戊」の位置が日干でこれが自分自身を表すというのが四柱推命のお約束である。前回はここからさらに「通変星」を割り当てて通変星を大きく2タイプに分けて、身旺、身弱を出していったわけである。そのときに「多少のブレがある」旨を書いたと思う。

というのは、命式の強弱は本来、五行の強弱を基に求めるのが一般的だからである(全ての流派がそうだとは限らないが)。上の命式でいうと戊が命式全体からみて、強いのか弱いのかを判断することが即ち命式の強弱判断というわけである。

前回から一歩進んで五行を基にこの命式を出してみよう。といってもやることは前回と同じで、分類を通変星から五行に変えるだけである。

まず、作業の前に十干、十二支の五行分類は次のようになる(細かいところは最初は抜きにしてざっくりといく)

木:甲、乙、寅、卯
火:丙、丁、巳、午
水:壬、癸、亥、子
金:庚、辛、申、酉
土、戊、己、辰、未、戌、丑

上の命式の日干「戊」で土にあたる。したがって、

日干を強めるもの(火、土)  :丙、戌、午
日干を弱めるもの(木、金、水):庚、辛、酉、寅

となる。したがってこれまでの知識を総合するとこの命式は「身弱」である。

-----

しかしながら、この方法は命式の強弱を出す本来のやりかたではない(一部ではあるが)。長くなったので今回はここまでにして次は本来の方法について説明することにする。

ではでは、ひとまず。






m_tomei0208 at 18:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!占い 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔