2006年09月02日

合と蔵干の話・1

9月になって、だんだん秋の気配が感じられるようになってきました。エアコンの活躍頻度も少しずつ減っていくのでしょうか。

これからは勉強の秋、読書の秋です。四柱推命の勉強に少しでも参考になれば幸いです。

------

さて、今回は合の話です。合といっても、支合、三合、方合、干合などがあります。日本の本では少し触れられているだけみたいですが、暗合なんていうものもあります。

まず支合ですが、寅-亥(木)、卯-戌(火)、辰-酉(金)、巳-申(水)、午-未(火)、子-丑(土)の6種類があります。この組み合わせは隣合っていることが必要で例えば、

○ ○ ○ ○
○ 子 ○ 丑

という場合には支合は成立しません。支合の作用としては括弧の五行に化するというのがあるのですが、流派によっては結びつくことによって本来の働きを忘れるとか、作用がなくなるとかいろいろな解釈があります。また、化する場合ですが、無条件に化するわけではなく、これにも付帯条件があるのですが、この辺の解釈も流派によりさまざまです。

次は三合ですが、まず前回の十二運を思い出してもらうと、三合というのは土を除いた五行の長生、帝旺、墓の3つの支で成り立つ関係です。列挙すると、

木:亥(長生)、卯(帝旺)、未(墓)
火:寅(長生)、午(帝旺)、戌(墓)
金:巳(長生)、酉(帝旺)、丑(墓)
水:申(長生)、子(帝旺)、辰(墓)

の4つで、左の五行に化します。化する際の条件は支合に準じますが、無条件にこの五行になると見る流派も少なくありません。また三合は亥と卯、卯と未のように、長生と帝旺、帝旺と墓の2つだけでも半会という関係が成り立ち、その属する五行に化するとされます。勿論強さとしては三合に劣ります。

方合は、

木:寅(建禄)、卯(帝旺)、辰(衰)
火:巳(建禄)、午(帝旺)、未(衰)
金:申(建禄)、酉(帝旺)、戌(衰)
水:亥(建禄)、子(帝旺)、丑(衰)

というように、建禄、帝旺、衰の3つの関係で成り立つ関係です。三合との違いは支の並びもそうですが、半会がない(寅、卯で半方合とかいう見方はない)とか沖にあっても壊れることはない(三合は壊れる)などがあります。方合も揃えば同様に属する五行に化します。

さて、順序からいうと次は干合ですが、その前に蔵干の説明です。蔵干というのは簡単にいえば、十二支に含まれているとされる十干のことです。列挙すると次のような感じになります。

子(癸)
丑(己、癸、辛)
寅(甲、丙、戊)
卯(乙)
辰(戊、乙、癸)
巳(丙、庚、戊)
午(丁、己)
未(己、丁、乙)
申(庚、戊、壬)
酉(辛)
戌(戊、辛、丁)
亥(壬、甲)

一応こう書きましたが、ここも流派で大きな違いの出るところでややもすると宗教論争(?)に発展する部分です(笑)多少違いはあるものの、この蔵干が方合と三合の関係と関連があると気づいたあなたは鋭いです(確かめたわけではありませんが、多分そうです)。ついでに話をするとこの形の蔵干を全く採用しない流派もあって、例えば透派などは節気蔵干という独自のものを使います。なんでこの話をするかというと、私もそれを使っているからです(笑)何故かというと深い理由はなくて、シンプルで使いやすいからで、これでないといけない!というわけでは勿論ありません。

さて、長くなりましたのでとりあえずここまでにします。次回は干合と化についての話の続きです。


m_tomei0208 at 09:48│Comments(2)TrackBack(0)clip!占い 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒姫   2006年09月12日 15:37
四柱推命のブログを少しづつ読みながら理解しています。
三合や半会が巡る年や命式に持つ人だと、どういうことが起きやすのでしょうか。
もし秘密でなかったら教えていただけるとうれしいです^^
2. Posted by 天才   2014年12月20日 00:59
おまえ頭悪すぎw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔