PC

2006年06月03日

Windows on Intel Mac

a05544ce.png画像は「Parallels Desktop」で動くインテルマック上のWindowsXPである。
ついに私もマックユーザー。PC触りだしてから20年長かった(違う)

でも、Linuxのときもそうだったけど、どうしてもWindowsじゃないとだめな場面というのは存在している。それは多くのWebサイトがWindows(正確にはIE )を前提にしてページを作っているからでこれはある意味しょうがないのかもしれない。

マック単体での苦労をまず感じたのは上にも書いたブラウザである。マックのブラウザではWEB上のボタンをクリックするのさえままならない場合があるのである。firefoxでもだめ、operaでやっとオッケーみたいな具合に。この辺が解消されればもっとマックの間口は広がるような気がする。上であげたParallesやアップルの出したBootCampが話題になる背景にはそういうのがあるのだろう。

あと、「LiveUpdate を実行すると Intel プロセッサを搭載した Macintosh が停止する (Apple 社 SecurityUpdate 2006-003 Mac OS X 10.4.6 Client (Intel) 適用後)」
という問題のせいか、この文書にあるアップデートを適用したら、前に使えていたノートンアンチウィルスが使えなくなっていたのだが、今朝、QuickTimeのアップデートを適用したら前のように使えるようになった。一応情報まで。



m_tomei0208 at 13:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年05月31日

ネットラジオ

パソコンをいじってるときはだいたいテレビを横目で眺めながらすることが多いのだが、時として適当な番組がなくて困ってしまうことがある。そういうときは音楽を、となるのだが、ビートルズ一辺倒で来た身なので、たまに違う音楽を聞いてみたいと思ったりすることもある。友人たちの中にはネットラジオを開局してる連中もいて、ときどき聴きに来いと誘われる(チャットルームが併設されてる場合が多い)こともあるのだが、私はひねくれてWindowsを使ってなかったりするものだから、そういう所にもいけず....そんなこんな状態でいたところ、雑誌でこんなのをみつけた。

イギリスのネットラジオらしいのだが、雑誌によればネットラジオ+SNSという感じらしい。サインアップしてソフトをインストールして聴きたいアーティストなどで検索するとそれに一致したラジオ局の放送が流れてくるという仕組みだ。自分で曲を選んで局を作ることもできるらしいが、マニアな選曲をしようとすると有料になるらしい。日本のアーティストの曲なんかもいくつか登録されているようだ。個人的にはBGMになればいいので、満足である。興味が湧いたらアクセスしてみたらいかがでしょうか。

m_tomei0208 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月16日

Kernel再構築(その2)

先日再構築したのは前の書き込みの通りだけど、どうも途中でハングアップしたり、電源が落ちたりするので再挑戦。設定項目はハイパースレッドを無効、P4に最適化、kexecをオフといったところ。
コンパイル終わって再起動するとまたハング。メッセージをみるとRunlevelの切り替わりが早すぎるみたいなことが出てたので、ブートオプションにnodmaと入れたら立ち上がった(^_^)

心なしか動作も速い気がする。なんて感じでこうしてカキコ。


m_tomei0208 at 00:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年02月12日

Kernel再構築

思い付いて、Linuxのkernel再構築にトライする。
make xconfig してオプション画面を見るものの、どこを変えればどうなるのかいまいちわからない。とりあえず、P4に最適化することにしてmake実行。インストールして立ち上げるもkernel panic。なんだろうと立ち上がる前のカーネルと比較すると、initrdが指定されていないことに気づいて、GRUBを更新。再起動すると今度は無線LANが動作しない。どうやらndiswrapperが入っていないことがわかり、moduleを再作成してインストール、再起動したら無事起動した^^

もうちょっと調べて違うコンフィグにしてみようか。とりあえず小さな試みは無事に成功。


m_tomei0208 at 20:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年02月05日

立春過ぎて...

ハッキングLinuxザウルス SL-C3100/SL-C1000対応版


昨日は立春だったけど、寒かったなぁ。
午後、洗濯が終わってから新宿まで散歩。DSに「森」のすれ違い通信をセットして鞄に入れる。西口の地下街で無事すれ違いに成功。

↑の本を購入。この本の旧版は持っていたのだが、中身がそれなりに変わっているみたいだったので。これを読みながらザウルスをいじり倒して
みようかと思う。仕事でのパソコンは飽きてしまうところがあるけれど、こういう風にいじるのは好きなんだと思う。ここんとこ占い方面ばっかりやっていたので、ちょっと違うことがやりたいというのもあるんだろうけど。



m_tomei0208 at 10:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月16日

XENへの挑戦(2)

とりあえず....

ブートオプションからnoapic を抜いてブートしたら、無事にdomain0で起動、USB,無線LAN(ndiswrapper)も無事に動作した。さて、続きはまた明日の夜かな。


m_tomei0208 at 00:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

XENへの挑戦(2)

とりあえず....

ブートオプションからnoapic を抜いてブートしたら、無事にdomain0で起動、USB,無線LAN(ndiswrapper)も無事に動作した。さて、続きはまた明日の夜かな。


m_tomei0208 at 00:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月15日

新年の道楽(XENへの挑戦)

はじめてのXen―SUSE Linuxで学ぶ「仮想マシン・システム」


新年初めての投稿なので、あけましておめでとう、である。
暮れにかけては仕事が慌ただしく、大いに疲弊してなかなかブログまで気が回らなかった。前回、Vmware-MonitorでXPをインストールしたので、今回はXENに挑戦しようと思ってこの本を買った。

使用しているのはSUSE10.0なので、この本のサンプルになっている9.3とは勝手が違う。XENはVMWAREみたいに仮想コンピュータを作り上げるソフトだが、VMWAREとちがって商品じゃない(VMWARE-MONITORはお試し品的意味合いのあるものである)ので、気楽に入れられるが敷居はまだまだ高い。本にはXEN関係のソフトをSUSEのYASTで入れるとGRUBも自動的に書き換えてくれるような感じで書いてあるのだが、私のマシンではそうはならず、GRUB書きから悩む羽目になった。結局カーネルとinitrdをXEN用にしてブートしたらOKだったのだが、これだけだとUSBとネットワークボードを認識しなくて、今日はこれまでである。多分仮想化してることと関係あるのにちがいないが、調べないとわからない。パソコンがノートパソコンでかつ無線LANなので道は険しそうである。ということで今日はここまで。




m_tomei0208 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

新年の道楽(XENへの挑戦)

はじめてのXen―SUSE Linuxで学ぶ「仮想マシン・システム」


新年初めての投稿なので、あけましておめでとう、である。
暮れにかけては仕事が慌ただしく、大いに疲弊してなかなかブログまで気が回らなかった。前回、Vmware-MonitorでXPをインストールしたので、今回はXENに挑戦しようと思ってこの本を買った。

使用しているのはSUSE10.0なので、この本のサンプルになっている9.3とは勝手が違う。XENはVMWAREみたいに仮想コンピュータを作り上げるソフトだが、VMWAREとちがって商品じゃない(VMWARE-MONITORはお試し品的意味合いのあるものである)ので、気楽に入れられるが敷居はまだまだ高い。本にはXEN関係のソフトをSUSEのYASTで入れるとGRUBも自動的に書き換えてくれるような感じで書いてあるのだが、私のマシンではそうはならず、GRUB書きから悩む羽目になった。結局カーネルとinitrdをXEN用にしてブートしたらOKだったのだが、これだけだとUSBとネットワークボードを認識しなくて、今日はこれまでである。多分仮想化してることと関係あるのにちがいないが、調べないとわからない。パソコンがノートパソコンでかつ無線LANなので道は険しそうである。ということで今日はここまで。




m_tomei0208 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月10日

WindowsXP on Linux

9a5c1418.jpgここのところ、忙しかったりして精神的な余裕があまりなったせいか、すっかり更新が御無沙汰になってしまった。(^_^;

今日、散歩に出た折に「OSMオープンソースマガジン」にVMwarePlayerの記事が載ってて、無料で利用できるらしかったので、使用しているパソコンに導入してみた。今はメインでLinuxを使用しているので、導入したのはWindowsXPだ。VMwareはPC上に仮想のPCを構築してしまうソフトである。
画像はLinux上で動くXPの起動画面。ちゃんとインターネットにも接続できるし、WindowsUpdateも可能である。速度は遅いけど、めちゃめちゃ遅いというわけでもない。

手順としては雑誌にあるとおりなのだが、まずLinux上にQEMUをインストールして、VMWare用のディスクファイルを作成する。そのあとにVMWare用の設定ファイルを作成して、それからVMWarePlayerを起動するといった具合だ。CDを認識させておくと、普通のPCのようにWindowsCDからブートするので、あとは普通にインストールする。

結構あっさりできてしまったので、かえって拍子抜け。こんな調子で他のOSなんかもインストールしてみるのも面白いかな。


m_tomei0208 at 22:21|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!